【今こそ物販!】年商1億を100人以上が達成している堅実な方法をご紹介!

お役立ち情報

年商1億円達成者が100名以上出ている

実績豊かなAmazonビジネスが

今、注目を集めています。

この方法は凄く堅実である意味では

当たり前のことしかやらないので、

コツコツ真面目にできる人ならまずできます

ここでいうAmazonビジネスは、いわゆる王道の物販ビジネスです。

安く仕入れて高く売るだけ。
仕入れは問屋からです。

「問屋」です。

これまでの転売ヤーのような、安い商品をピンポイントで見つけて・・

買い物かごに詰め込んで、というイメージとはまるで違います。

問屋というと、誰でも使えるものではないと

思われるかもしれませんが、方法さえ分かれば誰でも使えます

売れる商品が見つかったら問屋を探して商品を仕入れて、Amazonで売る

しかも売り先は、日本ではなく北米

そう、問屋から仕入れてアメリカのアマゾンで売るのです。

発送作業は、AmazonのFBAというサービスを使って、

Amazonの倉庫にまとめて送ればそれでおしまい。

あとはAmazonがやってくれます。

基本的にはこれだけです。

凄くシンプル。

「なぜわざわざアメリカで売るのか?」

当然、そういう疑問があるでしょう。


答え:「購買力が日本と比較できないくらい高い」のです。

日本に住んでいると実感がありませんが、実は日本とアメリカはここ30年で

経済力に関してはとてつもなく差が開いたのです。

大卒の平均初任給は日本に比べてアメリカは2倍以上

2019年における日本人の平均賃金(年収)は

3万8617ドル、対して、米国は6万5836ドルと

もはや日本人の収入はアメリカ人の収入

半分近くまで下がっているわけです。

さらに日本はすでに韓国にも抜かれています。(韓国は4万2225ドル)

つまり日本は、あまり、大きな声では言えませんが、貧乏国の仲間入りということなんです。

ということで、どうせやるなら金持ちの国相手にやったほうが

成功する確率はとんでもなく高い、ということ。

さらに、ポイントとなるのが

「Amazonでその商品がどれくらい売れるか?」です。

これさえ分かれば、在庫を抱えることも、欠品させることもなく、

売り上げ・利益を最大化することができます。

このデータ分析の方法がノウハウの肝となるわけですが

実は今、期間限定、無料にて、

この手法の全貌を公開しています。
↓ ↓ ↓
>>> https://sys.acadj.net/a_taizen/af/click.pl?i=12000148&u=10002191<<<

この方法を教えているのは、現役のAmazonセラー兼コンサルタント正田 哲也さんです。

正田さんは、2014年に起業されて以降、

ずっとAmazonビジネスで稼ぎ続けています。
ずっとです。

注目すべきは教え子さん達の実績。

正田さんの塾生には

年商1億円を超えた方が100名以上いて、

・月商3,000万の美容師

・副業で月商440万のサラリーマン

・月商2,700万の起業家

など、様々な業種・属性の方が結果を出しています。

しかも皆さん、毎年、年商が倍々ゲームで増えていってます・・・

去年1億、今年は2億。
去年3億、今年は6億・・・

こんな人ばかりです。驚きです。。。

おそらくあなたの周りを見渡してもこんな人たち、

なかなか見つけられないと思います。

どうしてこんな数字が出るかというと、
そもそも彼らは日本で商売してないからです。

極端に言えば、すでに日本を見限っているわけですね。

で、一番伸びているマーケットで勝負をしているということ。

それが北米アマゾンです。

この Amazonビジネスの内容について知りたい方は下記からエントリーください。

今だけ特別無料で公開しています。

>>> https://sys.acadj.net/a_taizen/af/click.pl?i=12000148&u=10002191 <<<

家にいて出来るものなので、動画を見て絶対に損はありません!

タイトルとURLをコピーしました