福島県本宮市で利用できる退職代行業者の正しい選び方とは?メリットと口コミも徹底調査!

福島県

「退職したいけど、訳あって自分からは言い出しにくい」

「退職を願い出たけど引き止められてしまった」

退職したいのに、なかなかできないという方も多いのではありませんか?

そのような方におすすめしたいサービスが退職代行です

退職代行はテレビなどでも特集されたことがあるので、気になっている人も多いのではないでしょうか?でもどの業者にお願いしたらいいのか分からない、という方がほとんどだと思います。

当記事では、福島県本宮市で利用できる退職代行業者の正しい選び方を徹底解説します。

退職代行の利用メリットや、実際に利用した方の口コミも掲載しています。

会社をやめたい、と考えている方は必見です。

  1. 退職を切り出せない理由を徹底調査
    1. 上司が怖くて、退職したいと言い出せない…
    2. 自分が辞めたら人手が足りなくなって、職場に迷惑をかけてしまう….
    3. 退職したいが次々に仕事が来てしまい辞めるに辞められない…
    4. 退職後の就職先が決まっていない
  2. 賃金や残業代の支払いがない悪質な会社の対応方法と事例3つ
    1. 退職準備その1.書類を準備する
    2. 退職準備その2. 会社と話し合う
    3. 退職準備その3.労働基準監督署へ申告する
    4. 退職準備その4.訴訟
    5. 悪質な会社の事例3つ
      1. 代表的なパワハラやいじめ
  3. 退職代行サービスとは?
    1. 退職代行サービスの仕組み 気になる費用もチェック!
      1. 退職代行業者を利用するとどの程度のコストが発生するのでしょうか?
    2. 退職代行サービス利用の流れ
        1. 打合せ内容
    3. アフターサービス(保証)
    4. 弁護士と連携する退職代行業者もある
    5. 退職代行を利用したリアルな口コミ3件
      1. voice.1 毎日やめたいと伝え続けたけどやめられなかった。
        1. 店舗マネージャー、入社5年、27歳、正社員 満足度:★★★★★
      2. voice.2 同族経営ワンマン会社に入社後、パワハラに耐えられず依頼。年金手帳のことまで細かに対応していただき退職  営業職、5日間勤務、24歳、正社員
        1. 営業職、5日間勤務、24歳、正社員 満足度:★★★★
      3. voice.3 もう限界、憂鬱な仕事環境が苦痛。相談も代行も丁寧な退職代行で退職し、新しい会社に転職しました。 会社員、2年勤務、20歳、正社員
        1. 地元の会社、2年勤務、20歳、正社員 満足度:★★★★
    6. <ご利用者が感じた「退職代行」利用後の感想とメリット>
  4. 退職代行を利用すべき状況とは?
    1. 精神的・身体的な問題がある
    2. 仕事にやりがいが感じられなくなった
  5. 退職代行を使うメリット4つ
    1. メリット1・スムーズに退職できる
    2. メリット2・ 心理的な負担が減る
    3. メリット3・円満退社がしやすい
    4. メリット4・相談や提案が出来る
    5. 退職代行業者を利用して、トラブルやデメリットがないのか不安
  6. 退職代行会社の正しい選び方5つ!
    1. 正しい選び方その1・弁護士と提携しているか?
    2. 正しい選び方その2・交渉に対応しているか?
      1. 交渉サービスについてチェック!
    3. 正しい選び方その3・全国対応しているか?
    4. 正しい選び方その4・ 無料相談に応じているか?
    5. 正しい選び方その5・費用が明記されているか?
  7. よくある質問
  8. 一人で悩まずに退職代行に相談しましょう!
  9. 福島県本宮市で利用できる退職代行業者 対象地域

退職を切り出せない理由を徹底調査

退職代行の利用を検討しているということは、何かしらの切り出せない理由があるはずですよね。

こちらでは、退職したいけど言えない悩みや理由・状況についてお伝えします。

上司が怖くて、退職したいと言い出せない…

人間関係がで会社をやめたい、と思っている方はとても多いです。

しかし、その原因となっている相手が上司の場合、退職を伝える相手でもあるわけですよね

「何甘いことをいっているんだ!」

「そんなんじゃ、どんな仕事も続かない」

「雇ってもらっている恩を忘れたのか?!」

などと言われてしまうことも考えられます。

怒鳴られるのが怖くて、結果的に退職を切り出せずに今に至る、という人も少なくありません。

自分が辞めたら人手が足りなくなって、職場に迷惑をかけてしまう….

日常的に人手不足の職場であると、社員が1人抜けただけでも大打撃です。

自分が仕事をやめることで、その職場が機能しなくなり結果として同僚に大きな迷惑を掛けるきっかけにもなりかねません。だからといって、いつまでもその職場に居続ける必要はありません。

そもそも人手不足の原因はあなたにあるわけではなく、その会社が原因となっているわけです。

退職したいが次々に仕事が来てしまい辞めるに辞められない…

同僚が仕事をやめようとして、上司から強い引き止めを受けているような噂を聞いたことがある人も多いでしょう。実際に、仕事終わりに上司から直接電話がかかってきて引き止めにあった、という体験をしている人もいるほどです。または、次々と仕事を依頼され辞めるに辞められない状況を作られている方もいたりします。

そのような状況を見ているため、自分がやめようとする時も強く引き止められるのではないか、と思い退職を躊躇している人も少なくありません。世の中には「頼まれると断れない」人もいます。

そういった方は、引き止められるとなかなか仕事をやめられないので、結果として言い出せないままズルズルと退職できない傾向が出てきてしまうのです。

退職後の就職先が決まっていない

仕事を辞めると一時的に無職なってしまうようなケースも退職を切り出せない一つの理由です。

生活の安定がなくなるので、なかなか切り出せないわけです。

退職後の予定が決まっていない場合は、転職先などを探す活動を始める他ありません。

転職先が決まれば、安心して退職も告げられますよね。

まずは、退職する前に転職サイトに登録する、ということから始めてみるのもおすすめです。

退職を切り出せない理由は、上記以外にも

  • 今以上の条件を満たすところはないんじゃないかと不安
  • 自分を殺してまでやり遂げなければ退職できない仕事がある
  • 毎日残業が多すぎて家には風呂と寝るだけに帰っているだけ
  • 退職したいがどうやって退職したらいいかわからない
  • 会社からのストレスが強くなかなか退職まで踏み込めない
  • 辞めたいと伝えたのにもうかれこれ半年も経っている
  • もう会社に出社したくなくてホームのベンチで考える
  • 会社の体制自体がもうブラック化している

などがあります。

賃金や残業代の支払いがない悪質な会社の対応方法と事例3つ

退職を望む理由の一つに、賃金や残業代の未払い、というケースも少なくありません。

こちらでは悪質な会社への対応方法と事例を3つ紹介します。

退職準備その1.書類を準備する

退職をするにあたり、先ずは、証拠を集めることから始めてください。

  • 給与明細書
  • タイムカード
  • 就業規則や退職金規定
  • 会社の勤怠表
  • 雇用契約書
  • 業務日誌の控え

など、本当に賃金や残業代の未払いを明らかにする書類を会社側への証拠として準備します。

未払いの証明などは金額を証明するために必須です。

ただ書類をご自身で準備できない場合は、弁護士などの専門家の判断を仰ぐのがおすすめですよ。

退職準備その2. 会社と話し合う

直属の上司ではなく、会社のトップ(社長)と交渉する機会を設けましょう。
なぜなら、直属の上司の勝手な裁量によって、残業代などが出ていないケースも考えられるからです。社長と直接交渉しても解決しない場合は、専門機関の力を頼る必要が出てきます。

退職準備その3.労働基準監督署へ申告する

賃金の未払いや残業代の未払いがある場合、労働基本法に違反しています。

よって直轄の労働基準監督署へ申告しましょう。

労働基準監督署に申告すると、労基署から会社へ連絡がいき給与が支払われた事例もあります。

退職準備その4.訴訟

  • 民事調停
  • 簡易裁判所の利用
  • 少額訴訟債権執行

以上の訴訟で、対応する方法もあります。

民事調停は、基本的に話し合いによって紛争を可決する手法です。

簡易裁判所は略式の手続きであり、裁判所から支払督促を送ってもらえます。

少額訴訟債権執行は請求額が60万円以下の場合に利用できるもので、基本的に短期間で終了するので負担が少ないものです。

退職のお悩みを法律相談のプロに任せて解決!

悪質な会社の事例3つ

年棒制だから」という理由で、残業代を支払わない会社も存在しています。

しかし年棒制であっても、残業代は支払われなければなりません。

そもそも年棒制=残業代なし」は労働基準法のルールに違反しています。

「お前の営業成績が悪いから」という理由で、給与を支払わない会社も存在しています。

もちろん営業成績の悪さを立てに給与の未払いを行うことは違反です。中には、給与の支払いがないため、生活に困窮し家賃などの支払いに苦慮し、生活保護を検討する方もいるほどです。

この場合は生活保護ではなく労働基準監督署への相談が適切であり、会社側にしっかりと働きかけてもらいましょう。

パワハラやいじめ」が日常的に実施されている会社も少なくありません。

代表的なパワハラやいじめ

  • 暴言
  • 無視
  • プライベートへの立ち入り
  • 仕事の押しつけ
  • 人前での侮辱

以上のよう行為が、パワハラ・モラハラとされています。

実際にパワハラやいじめにより、うつなどの精神的な被害を受けているケースも珍しくありません

実際に裁判になり、慰謝料請求が認められたケースもあります。

参考:富国生命保険事件-鳥取地米子支部判平成21年10月21日(労判996号28頁)

退職代行サービスとは?

悪質な会社に勤めていると、退職も簡単ではありません。きつい言葉で引き止められてしまったり精神的に追い詰められる可能性もあるのです。

そこで利用したいのが退職代行です。こちらでは、退職代行サービスの仕組みや費用、サービス利用の流れについて解説します。

退職代行サービスの仕組み 気になる費用もチェック!

退職代行サービスは、あなたの退職の意向を代行業者が代わりに会社に伝えて手続きを実施してくれるものです。

そもそも労働者には退職の自由が保証されています。

よって代行業者からの依頼であったとしても、会社側には断る権利はありません。つまり、退職代行サービスを利用しても基本的にはスムーズに退職できるわけです。

退職代行業者を利用するとどの程度のコストが発生するのでしょうか?

3万円から10万円が相場です。ただあなたの雇用形態によっても、コストが変わってきます。

パートやアルバイトなどの非正規社員の場合は比較的安く済むことが多く、正社員の場合は高く設定されていることが多いです。

安い場合は「有給休暇の消化」などの交渉に対応していない場合もあるので注意してくださいね。

退職のお悩みをプロが解決!

退職代行サービス利用の流れ

退職代行サービスの利用の流れを簡単に示すと以下の通りになります。

①相談および申し込み
お電話、メール、LINEにて無料でご相談。
電話やお問い合わせフォームよりご相談。
LINEでも簡単にご相談いただく事が可能です。

②代行業者との契約

③お振込
ご相談いただいた内容でご納得していただきましたら、代行費用をお振込ください。

④委任契約書締結メール・LINEで委任契約書等をお送りします。
WEB上でサインし、締結できるので簡単です。

⑤退職代行の実施お客様ご指定の日時に退職代行を実行致します。
退職手続きが完了するまで、会社とご依頼者様の間を、回数無制限で責任を持って最後まで対応させて頂きます。

⑦退職手続き完了
退職資料も揃い、手続き完了!
心機一転で、今後のご健闘をお祈り致します!

ご利用の流れとして、まずは利用する代行業者を選び相談します。
電話やメール、さらにはLINEなどでも対応している業者も多く、わざわざ来店する必要はありません契約内容などに納得できたら契約を実施し、費用を支払います。入金が確認されると、代行業者との退職に関わる打ち合わせが行われます。

打合せ内容
  • 退職を伝える日時
  • 希望する退職日
  • 退職理由
  • 発行を希望する書類
  • 有給休暇や退職金の取り扱い
  • 会社からの貸与品の取り扱い
  • 返却や処分を求める私物の取り扱い
    など

以上の聞き取りがあるので、特に退職の連絡日や希望退職日については明確に決めておきましょう。

打ち合わせが完了すると、あなたの希望する日時に業者が会社へ連絡を入れて退職する旨を伝えてくれます。代行業務が完了すると結果があなたに伝えられます。

業者によっては、退職以降のアフターフォローに対応しているところもあります。依頼するなら安心サポート体制が整っているところがオススメです。

アフターサービス(保証)

代行業者を利用しても、会社がなかなか退職を認めてくれないこともあります。

アフターサービスに優れた会社であると、会社とのやり取りが長引いたとしてもしっかりと対応してくれます。つまり退職保証のようなサービスを実施しているところもあるのです。

他に、転職のサポートや失業給付申請のサポートをしてくれる代行業者もあります。

ちなみに退職代行サービス利用後の会社との関係ですが、基本的に郵送対応になります。

退職届も郵送で対応できるため、会社の嫌な上司とも顔を合わせないで済むことがほとんどですよ。

弁護士と連携する退職代行業者もある

退職に関しては、紛争が関わる事例もないわけではありません。
しかし弁護士ではないものが法律事務をすることは認められません。

弁護士でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない

出典:弁護士法 第72条

つまり退職が訴訟に発展する場合には、退職代行業者のみでは対応できないのです
そこでオススメする退職代行サービスは、弁護士と連携する退職代行業者です。
弁護士に対応してもらえるため、たとえば給与や残業代の未払い、さらにはセクハラやパワハラ訴訟にも対応してもらえる可能性があるわけです。心強いですね。

会社との何らかのトラブルを抱えている状態で退職を希望、もしくはトラブルになりそうな状態での退職であれば、弁護士と提携する業者を選びましょう。

退職代行サービスのNEXT【supported by 豊楽法律事務所】

退職代行を利用したリアルな口コミ3件

実際に、退職代行業者を活用して仕事をやめた人のリアルな声に迫ってみます。

利用した人は満足しているのでしょうか?

voice.1 毎日やめたいと伝え続けたけどやめられなかった。

店舗マネージャー、入社5年、27歳、正社員 満足度:★★★★★

退職代行を実際に使った身からしたらホント助かったと思ってる。

退職代行使うなんてありえないって皆さんのツイートや口コミを見てましたが、サービス全てを批判するのは少し違うのでは?と思ってコメントしました。 ちゃんとぶつかった上で使わざるを得なかった人もいるって事を少しでも知って貰えたらと思って。

「辞めたいっ」て何度も伝えたのに、数名いる幹部の方々を全員説得できたら辞めさせてやるといわれ、挙句の果てには店舗変えてやるから我慢しろの堂々巡り。

1度も言わず、使うのはアレだけど、最終手段としてはアリだと思う。

店舗マネージャーとして入社5年の27歳、男性から退職代行サービスのご依頼を頂きました。毎日やめたいと伝えていたにも関わらず、会社側から強引な退職の引き止めに。

しかも、かなり悪質な引留をされていたようなのです。退職者様より退職をされたいとご希望がございましたので、退職代行サービス実施時に責任者の方へご退職の意志をお伝えさせていただき、退職を承諾いただきました。

後日ご依頼者様より「自分だけではこんなにスムーズに退職まで進めなかったと思うので、本当にありがとうございます」と感謝の言葉を賜りました。

「伝えても伝えても理解してもらえない」という場合、ご自身で退職まで持っていくには、精神的負担もございます。そんな時は、退職代行を使っていただくとスムーズに退職できますし、精神的負担もなくなるというメリットも大きいですね。

voice.2 同族経営ワンマン会社に入社後、パワハラに耐えられず依頼。年金手帳のことまで細かに対応していただき退職  営業職、5日間勤務、24歳、正社員

営業職、5日間勤務、24歳、正社員 満足度:★★★★

退職代行会社はいくつかある中、一日でも早く退職したかったので、LINEでやり取りが可能な会社を選びました。名前や会社名、入社直後の試用期間中である事、相談は無料か、名前や会社名、有給休暇、貸与品の有無他、追加料金について、働いた分の給料はもらえるか、会社にいかなくても退職手続きはできるか等細かく質問しました。

「社長や上司の罵倒やパワハラが毎日ある」「洗脳セミナーのような研修に生かされる」「入社した直後である」といった私の状況に担当者は真摯に耳を傾け、 淡々と退職に必要な手続きの説明をしてくれました。

「入社直後に上司に渡した年金手帳が未返却」という訴えにも「会社に返却を求めるが、もしも返却されなかった場合には、年金事務所で再発行ができますよ」と不安なことや質問にも親切に答えてくださいました。

その後も、進捗状況の報告等は随時ご連絡いただきました。不安なことや、退職に関する手続きについて他、質問や疑問にはなんでもすぐに答えてくださいました。迅速に対応してくださった担当の方には、感謝の気持ちでいっぱいです。

新卒で入社した会社に2日目で見切りをつけた24歳の男性。入社5日目に最後の出社をして、15日目に書類上の退職を完了させました。
彼は、とにかく心理的な負担が少ない退職を目指したことが伺えます。
LINEのやり取りが可能な退職代行業者に依頼し、結果スムーズな退職が出来たようです。

注目してほしいのが、細かなサポートにも対応してもらっているところです。

年金手帳の対応に関しても業者側が行ってくれ、さらに会社が返却に応じなかった場合は再発行できる点についても教えてくれているのです。

また進捗状況に関する連絡も定期的に行われたようであり、非常に優れた退職代行業者を利用できたことが伺えます。

24歳 男性は退職代行業者を利用した理由について、以下のように語っています。

学生時代、アルバイト先を円満に辞めた経験が数回あるため、「退職の意思は自分で伝えられる」と思っていたのですが、実際に利用してみて退職代行利用者の気持ちが分かりました。

退職代行はコミュニケーションが苦手で自分で退職の意思を伝えられないという人が代行サービスを利用すると思っている方も多いと思いますが、入社をして日が浅い私は、直属の上司や人事担当者さえも分からない。

入社後に感じた、会社の体質では、新入社員が辞めると言い出した時、何をされるのか分からない恐怖感がありました。最大の理由は、この会社とは今後一切関わりたくない。という会社への拒否感により退職代行を利用しました

voice.3 もう限界、憂鬱な仕事環境が苦痛。相談も代行も丁寧な退職代行で退職し、新しい会社に転職しました。 会社員、2年勤務、20歳、正社員

地元の会社、2年勤務、20歳、正社員 満足度:★★★★

退職代行サービスは人の命を救う事ができるサービスだと思います。働き手にとって救いのサービスが退職代行サービスだと私は思います。

お世話になった上司や先輩もいたのですが、残業が多く、職場の雰囲気にも馴染めず、どんどん孤立していきました。やがて鬱になり会社を休職。退職を伝えるも毎日会社から電話がかかってきました。電話を見るだけで恐怖を感じるようになりました。退職代行サービスを使わなければ、今頃どうなっていたか分かりません。

面と向かって告げられない退職の意向を、業者がしっかりと会社へ伝えてくれたおかげで、会社を辞めることが出来ました。

20歳、正社員の方は退職代行の利用について、高校卒業後に地元の会社に就職しましたが、やがてうつ病と不眠症なり会社へ行くことが出来ませんでした。
しばらく休職をした後、退職代行を利用して退職。

退職して新しい会社へ転職したら、心理的不安がなくなり、鬱と不眠症も改善したそうです。

<ご利用者が感じた「退職代行」利用後の感想とメリット>

  • 退職できるか不安だったが、弁護士と連携していることで不安なく利用できた。
  • 契約する前に無料相談できて、安心して依頼することができた。
  • 陰湿な職場から解放された。
  • 精神的に気持ちが楽になった。
  • 退職代行をどこで知ったか:ネット検索(退職代行でござる)
  • 退職代行を選んだ理由:弁護士と連携しているので安心して依頼できた
  • 相談は完全無料だから安心して相談ができた。
  • 携帯のLINEだけでやり取りができたのが良かった

退職代行を利用すべき状況とは?

退職代行の利用を考えるべき状況についてお伝えします。

あなたの今の状況に当てはまるものはあるでしょうか?

精神的・身体的な問題がある

  • 精神的、身体的に参っている場合は退職代行を積極的に利用すべきです。

普段の仕事や職場の人間関係に精神的に疲れている場合には、退職の希望を伝えること自体が大きな負担になります。

ひどい場合には、“うつ”に発展して病院にかかるようなケースも少なくありません。

‟うつ”は、知らず知らずのうちにかかっている病気です。

いつの日からか、気づけば沈んだ気持ちが長く続いていたり、何も楽しめなかったり、食欲がなかったり、息苦しかったり…。そんな症状がでた場合には、鬱の前兆の可能性があるので気をつけてください。

  • 身体的に追い詰められている場合も、退職代行の利用がおすすめです。

毎日のように4時間や5時間、それ以上の残業をさせられ、職場に長時間縛り付けられている方も多いです。

睡眠時間が極端に減り、慢性的な過労な状態になり身体を壊わして仕事どころではなくなることも・・・。頭痛や肩こり、不眠などの睡眠障害が慢性化していませんか?

凡ミスが増えていたり、すぐにイライラするようになったりしていませんか?
いずれも過労の兆候なので気をつけてくださいね。
身体を壊してからでは遅いですよ。

仕事にやりがいが感じられなくなった

「今の仕事にあっていない」「昇給や昇進が期待できない」「会社に将来性がない」等、

仕事をする目的はお金であることも多いと思いますが、仕事へのやりがいがなければ労働自体が苦痛となります。
仕事を始めたものの、自分にあっていない業務ばかりをしていると、当然やり甲斐を感じなくなり、通勤まで苦痛になるものです。苦痛がどんどん精神的な負担としてのしかかってくることも。

また、仕事のやりがいの一つに給与があります。
会社や職場環境等により、昇給や昇進が期待できないような状況に追い込まれている方もいるでしょう。

「会社が厳しいので今年の昇給はなし」と言われた経験がある方もいるのではありませんか?

他の会社であれば、もっと給料がもらえるかもしれません。
会社からの報酬の低さも退職する理由の一つになります。

さらに、会社の将来性のなさから、仕事をやめたい、と思う方も多いはずです。
経営陣が無能で、この会社が生き残る可能性は低い、とすでに見切りをつけているのであれば、早急な退職がおすすめです。

上記理由等で退職をしたいけれど、会社へ言いにくい方、退職代行サービスのご利用がおすすめです。

退職のお悩みをプロが解決!

退職代行を使うメリット4つ

退職自体は、業者を利用せず自分で申し出ることも可能です。

退職代行業者を利用するとコストがかかってしまいますよね。

コストをかけてまで、わざわざ退職代行業者を利用するメリットはあるのでしょうか?
これから、退職代行サービスを利用するメリットを4つご紹介します。

メリット1・スムーズに退職できる

自分が退職を告げると、引き止め工作や嫌がらせされる恐れもあり、なかなか退職させてもらえないかもしれません。退職後、転職を考えている方は、転職活動に影響が出てしまうことも十分に考えられるのです。

退職代行サービスを利用すると、自分ではなく第三者が退職を伝えてくれます

さらに業者の中には、即日退職対応してくれるところも珍しくありません。

すでに転職先が決まっていて、1日でも早く会社をやめたい、といった意向や状況を退職代行業者に伝えていると対応してくれます。

メリット2・ 心理的な負担が減る

パワハラやセクハラ、そしてモラハラなど人間関係が原因で仕事を辞める場合は、退職代行を利用することで、二度と顔も見たくない声も聴きたくない会社の上司や職場の同僚に会うことなく、退職することが出来ます

退職代行サービスを利用した結果として、心理的な負担が減る、または無くなるといったメリットが有るわけです。

退職を自分で告げる場合、告げる相手がパワハラやセクハラの張本人である可能性もありますよね。

第三者である退職代行を利用すれば、嫌な相手に退職を告げる必要もありません。

顔を見るのも嫌な人に合わず、嫌なことも言われずに退職できるのは大きなメリットですね。

メリット3・円満退社がしやすい

退職時には、人間関係のトラブルも発生しやすいです
上司から「恩知らず」などと罵られることもあるかもしれません。

あなたも「カッ」となって何かしらを言い返してしまい、喧嘩のようなことが発生する可能性だってゼロではないのです。しかし退職代行を利用すれば、「カッ」となることもなく、第三者を通じでビジネスライクに話が進められます

会社とあなたの双方が言いたいことがある状況であったとしても、間に代行業者が入ってくれることで、事を荒立てずに済ませられるわけです

ストレスなく、スムーズに退職して少しでも早く新しい職場で働き始めたい。という方にも退職代行サービスの利用が適しています。

メリット4・相談や提案が出来る

「有給休暇を消化したい」「離職票を郵送してほしい」等、

退職時にいろいろな希望や要望があるという方も多いのではありませんか?

しかし、退職を告げた上で自分から上司や職場に対して希望を述べるのことが、簡単な状況ではないこともありますよね。

多くの退職者希望者が一番悩み考えるのは、有給休暇の消化です。

有給休暇がかなり余っている方は、「有給休暇を全部消化した上で、会社をやめたい」と思っているでしょう。退職を申し出ると同時に、会社で肩身の狭い思いをすることにもなります。引き継ぎなどの業務もしなければならないため、仕事が沢山残っている場合、有給休暇をすべて消費できないような空気にもなります。

そのような場合でも、退職代行業者を利用することで、会社側に退職の意向を伝えると同時に有給休暇の消化についてもお願いできるのです

自分では直接言いにくいようなことも、業者を介して希望を全部伝えられる、というのは大きなメリットですよね

また、退職する際に離職票の対応も必要になりますが、わざわざ会社に取りに行くのは面倒ですし会社の方に会いたくないでしょう。
退職代行業者に依頼すれば、必要な書類のやり取りも郵送で対応してもらえるように、会社側へ依頼する事も問題なくお伝えしていただけます。

退職代行サービスは、ただ退職を伝えるだけではなく、ご依頼者の希望や提案等の相談にも応じてくれるサービスです。

退職代行業者を利用して、トラブルやデメリットがないのか不安

退職代行業者を利用するデメリットとしてあげられるのは、コストです。

ご自分で退職を告げられるのであれば、お金はゼロ円。コストは一切かかりません。しかし、退職代行業者を利用した場合、3万円から10万円程度かかってしまうのです

どの退職代行業者お願いするかにもよりますが、弁護士と連携してい退職代行業者の場合、トラブルが発生したときにしっかりと対応してもらえません。

どの退職代行業者でも退職届を代わりに依頼主の会社へ提出すること自体は問題ありませんが、何かトラブルがあった場合等の法律事務に関しては、弁護士資格を持っている方でなければ対応することが出来ません

弁護士と連携していない退職代行業者は退職したいという言う意思をお勤め先に伝える行為のみ、と対応できることが限られおり、勤めている会社から退職を拒絶されるとそれ以上の対応が出来なくなります。そうなると、退職代行業者では残業代や慰謝料、退職金等の権利を取得することは難しくなります。

しかし、弁護士と連携している退職代行業者では、弁護士が対応できる範囲は「雇用契約の解除」行為となり、法律上の動きとなりますので、それらにまつわる未払い残業代、有給取得を含む給与等の請求についてもスムーズに行うことが可能です。
また、弁護士が受任することによって後に響かない退職が可能ですから、退職後に転職する際も安心ですよね。

退職代行会社の正しい選び方5つ!

退職代行業者を利用するとスムーズな退職ができ、有給消化などの希望も伝えやすいなど様々なメリットがあることをお伝えしてきました

退職代行を利用してみたくなってきたのではありませんか?
しかし、全ての退職代行業者が信頼できるわけではありません。

こちらでは正しい退職代行業者の選び方をお伝えします。

正しい選び方その1・弁護士と提携しているか?

昨今、退職代行業者が増えてきました。弁護士と提携していない退職代行業者ができることは、あなたが「退職したい」。という言う意思をお勤め先に伝える行為のみとなります。

退職時にトラブルが発生する確率もゼロではありません。会社という組織を相手に対応することになるので、もしもの時の事も考えておく必要があります。

つまり、弁護士と提携していない代行業者では、勤めている会社から退職を申し出ても拒絶されるとそれ以上の対応が出来なくなります。その場合、退職代行業者では残業代や慰謝料、退職金等の権利を取得することは難しくなり、結局、自分で対応しなければならない状況も考えられるわけです。

退職代行業者に専任の弁護士が提携している場合弁護士が対応できる範囲は「雇用契約の解除」行為となり、法律上の動きとなりますので、それらにまつわる未払い残業代、有給取得を含む給与等の請求についてもスムーズに行うことが可能です。
また、弁護士が受任することによって、再就職する際等、後に響かない退職が可能です。

また、退職希望者が会社とのトラブルを抱えた状態で退職を希望している場合には、弁護士との連携必須なのです。

ちなみに最近では、退職代行サービス自体が「非弁行為」ではないか、といった論争も巻き起こっています。

「近年,賃貸借契約終了時の敷金返還をめぐって,弁護士資格のない業者が交渉に入ったり,退職代行サービスと称して,退職手続を代行する業者が多くみられます。

しかし,これらの行為は,いわゆる「非弁行為」として,弁護士法に違反し,刑事罰が科されることもあります。」

出典:弁護士法人 中村和洋 法律事務所

弁護士と連携している業者であれば、退職代行手続きも非弁行為とはなりません

弁護士と関わっている業者だからコストが高い、といったこともないので弁護士と連携している業者を選びましょう

退職のお悩みを法律相談のプロに任せて解決!

正しい選び方その2・交渉に対応しているか?

退職時には何かと希望したい事が出てくるものです。

その最たるものが有給の消化でしょう。

自分では告げにくいものでもあるからこそ、有給の消化に関する交渉をお願いしたい、と考えている人も多いのではありませんか?

しかし、退職代行業者の全てが交渉に対応しているわけではありません。業者の中には、交渉に関しては別料金で対応している場合もあります。

なるべく基本サービスに「交渉」が入っている退職代行業者を選びましょう。特に有給を消化したい、と考えている人は交渉のサービスの確認は必須ですよ。

交渉サービスについてチェック!

料金
欠勤・退職意思の伝達
退職日の交渉
有休消化の交渉
引継ぎに関する交渉
私物の引き取り
貸与品の返却の連絡
離職票の発行依頼
などの交渉をしてくれるか、事前に確認しましょう。

注:基本サービスに交渉が入っている代行業者でも金銭の請求が認められた場合、報酬は必要とります。法的手続きが必要な場合は別途費用がかかることがあります。

正しい選び方その3・全国対応しているか?

首都圏にお住まいの方であればあまり気にしないところかもしれませんが、地方に住んでいる方は業者の対応地域について確認しておく必要があります。

基本的には、全国対応している業者が多いので安心してください。

そもそも退職代行サービスに関しては、業者と直接会って話し合う必要はありません

電話やネットでも依頼できるため、どの地域からの依頼にも対応していることがほとんどなのです。

正しい選び方その4・ 無料相談に応じているか?

退職代行サービスを検討される場合、「相談は完全無料」を掲げている業者を利用しましょう。

退職代行業者へ相談した上で利用しない、ということも考えられますよね。利用しないのにコストが掛かっていたら、いくらお金があっても足りなくなります。

無料相談に対応している退職代行業者は多いですが、時間制限がある可能性もあるため、なるべく前もって相談料金等について確認しておきましょう。

相談は完全無料か
連絡回数に制限なく相談ができるか
電話・メール・LINEにて簡単に依頼ができるか
相談できる対応時間帯は平日のみ。もしくは、休日も対応しているか

お仕事をしている方であれば、相談の対応時間についても確認しておく必要があります。平日しか対応していないところもありますし、昼間しか対応していないところもあります。LINEによる相談対応している業者であれば、返信までに時間差があるかもしれませんが、LINEであれば24時間いつでも相談できます

相談する場合、効率的に相談できるように、要点をまとめておくこともおすすめです。

相談する際、退職を伝える日や退職希望日、さらに有給、残業代のこと、会社環境の事など、伝えたいことや考えをまとめておくとスムーズに話が出来ますよ。

リーズナブルな代行プラン!ご相談は無料!

正しい選び方その5・費用が明記されているか?

「要相談」「4万円から」などと、料金がぼんやりと書かれている場合は要注意です。

いくら掛かるか分かない状態で退職代行サービスを利用するのは不安ですよね。

業者によっては、一律料金で対応してくれるところもあります

別途料金がかかる場合は下記のような場合も考えられます。

※未払い金、退職金の交渉は成功報酬で20%頂いております。
※対応内容により変動する場合がございます。

等の記載があれば、雇用形態によって料金が異なったり、サービス内容によって料金が異なることもあります。

わかりにくい場合は、無料相談の時に、電話やLINEで直接退職代行業者に確認しましょう。

よくある質問

Q・本当に退職できますか?

A・退職は働いている全ての人(労働者)が持つ権利です。また、今まで退職できなかったケースは一件もございませんのでご安心ください。

Q・退職を家族に知られるたくないです。知られることはありませんか?
A・会社からご家族へ連絡しないようお伝えいたしますので、その旨を退職代行業者サービス担当者へお申し出ください。ただし、企業への強制力はないため、絶対に連絡が行かないというお約束はできません。
Q・会社から訴えられることはありますか?
A・会社に損害を与えた場合は訴えられる可能性は否めません。訴えられた場合最大限の交渉をいたします。裁判に費用と時間がかかるのでたいていの場合は和解で済みますが、与えた損害により異なりますので一度ご相談ください。(相談は無料)
Q・有休が残っているのですが…
A・有給休暇について有無等を確認し、その上で具体的な退職日を決定いたします。
Q・離職票や源泉徴収票の発行は可能ですか?
A・離職票は翌月10日の発行が法的期限となります。源泉徴収票は毎年11月頃の発行が一般的となっているようです。個別に催促することは可能ですが、通常伝えなくとも後日郵送で送られてくるケースがほとんどです。
Q・会社から連絡がきますか?
A・弁護士を通じて連絡を行うよう強く伝えておりますのでほとんどの場合は我々を通じてやり取りを行います。しかし、全ての会社がそうするわけではなく会社によってはご本人へ連絡してしまう場合もございます。しかし、ご対応していただく必要はございません。
Q・職務規則上、退職の意思表示は30日前にしなければならないと書いてあるのですが…
A・職務規則上の効力よりも民法上の効力が優先されます。民法上では14日となっております。従って、有給休暇が14日間あった場合欠勤扱いとならずに済む場合がございます。
社宅に住んでいます。退職できますか?
結論から言うと可能です。お勤め先との交渉にもよりますが、ほとんどの場合退職日までに退去していただくケースが多いです。
Q・出向く必要はありますか?
A・ございません。全て電話orメールorLINEにて完結するようにしております。
Q・電話で相談したいです。
A・相談料は無料ですのでお気軽にお問い合わせ下さい

お客様満足度92% リーズナブルな代行プラン!ご相談は無料!

一人で悩まずに退職代行に相談しましょう!

退職について1人で悩んで、なかなか言い出せずにダラダラ働き続けているケースも珍しくありません。

嫌な上司のもとで働き続けても楽しくありませんし、ひどい場合は鬱などの病気になってしまいます。

一人で悩みを抱え込まずに、まずは無料で相談できる退職代行業者に相談しましょう。

お電話が出来ない環境や時間帯のお仕事の方の場合は、LINEでの相談に応じてくれている業者もあるため、気軽に相談してみてください。悩みを相談するだけでも気分が変わりますよ。

全国対応の退職代行サービスであれば、地方にお住まいの方でも利用できます。会社を辞めたいけどなかなか言い出せない方は、まずは相談だけでもしてみてください。

良いアドバイスがもらえるはずです。

福島県本宮市で利用できる退職代行業者 対象地域

青田  荒井  稲沢  岩根  白岩  関下  高木  長屋  仁井田  糠沢  松沢  本宮  和田  

タイトルとURLをコピーしました